毎日の事。

未分類
07 /09 2017
ハリー行ってきます!

と声をかけると元気な頃は
と言っても1、2年前の頃だけれど


玄関先まで見送ってくれた。

どうしてあの時もっと喜びを伝えられなかったんだろう。
どうして、あの時、、、と考える私という人間は愚かなもので普通が幸せと実感するのは大抵不幸な気持ちになってから。



新聞を受け取ってくれる「お仕事」も。
ハリーが倒れて復活した昨年度末ぐらいにはできていたことも、もうできない。

でも、、、今はお腹が空いた、喉が渇いた、オシッコしたい、を一生懸命私に伝えてくれる。
それがどれだけ嬉しいことなのか。
伝えてくれたとき昔よりも昨日よりも今愛しく感じる。

月曜日、行ってきますの時のハリー。


水曜日 行ってきますの時のハリー。


木曜日、行ってきますの時のハリー。


金曜日、お休みなさいのハリーとララ。
TVのテニス観戦中(^^)



土曜日、行ってきますの時のハリー。


やっとイボの出血が止まった!
病院の先生に人間用の塗り薬でも大丈夫と聞いてワセリンをしばらくつけていたらやっと♬
良かった~。

今朝のハリー。


食べ終わるまで補助無し。しっかり自分の脚で立って食べ終えた。。(T . T)嬉しいよぉ。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

週の初めハリーのイボの出血が止まらないので
病院に連れて行こうと準備していたら
ロッシーの歩き方が変!!!
ガニ股になりながら脚を引きずっている。
ガニ股を補助し治してあげると普通に歩くが
しばらくすると又同じ様に。
毎日同じ所で寝ているのだが
その場所にも跳びあがれなくなってしまった。

急遽ロッシーを病院に。
往復2時間、車内でずっっっと鳴きっぱなし^^;
意外に気が小さかったのね。

「変形性関節症。
膝が外れやすくなってます。昨日、今日のものではなく随分前からのものだと…」

実は数年前から歩き方がおかしいと気がついていた。二度見すると普通に戻っていて
あれ?と思うと又変な歩き方していて。太っているからだと思い込んでいた。
ハリーが中心の生活。気を回してあげられなかった。


しばらく薬を飲ませ その後はサプリメントなどでごまかして生活するしかなさそう。
手術すると大掛かりになってしまうらしい。何より痛いらしいからそれも可哀想。
ロッシー、こめんね。。。







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

mabokeiko

ハリー・黒ラブ。2002年生まれ♂ シニアになっても食べるの大好き!
歩けなくなっても聞こえなくなっても頑張ってます。

2009年1月生まれのロッシー(男子猫)新しい家族に!
2009年9月生まれのララ(女子猫)もやってきた!