続く入院、10日目。

未分類
09 /20 2016
人間だって気圧に左右される。
ハリーもこの低気圧のせいかも?昨日に比べテンション低め。
でもベタベタさせてもらった。私が、、、。


あーなんて可愛いのだろう。。。

あと30分もすればマッサージの先生が到着すると聞いたので待つことに。

1時間ほど静かに眺めさせてもらった。
そしてこれからの介護の話を。
私は散々調べて調べまくっていたので覚悟をした上でハリーの早い帰りを待っていたのだが両親、特に母親が、、、、自信を無くしてしまったようだった。床ずれを防ぐためと片方だけの血行を悪くしないためにも2時間おきにハリーの身体の向きを変えた方がいいと聞き私が説明してもどう説得しても無理だ、無理だと。この時点で何も話を聞いてくれなくなってしまった。母親も下手したら介護の年齢。そしてこれは性格の問題だと思うのだが人の話をよく聞かない。冷静に考えてくれるまで待つしかない。私が仕事で不在時には見てもらいたいから。
私の話は聞かないので病院の先生やハリーの訓練の先生にアドバイスなど話をしてもらおう。
ハリーは家族。大事な家族。母親が倒れたり怪我でもしたらハリーだって傷つく。何かいい方法を見つけないと。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

介護、難しいよね
うちもガル兄さんが寝たきりになったらどうしようかと思ってたよ
昼間誰もいないし・・・
みんなにとって良い方法が見つかるといいね

ハリーくん、安心しきった顔してるね!

No title

気圧に左右されるよね。。
でも ハリー君 甘えて安心して良いお顔している~。^^
ほんと愛情が何倍にもだよね。

介護・・そうですよね お母さんの事も心配ですしね。
ウォーターベットというのもあるけど ・・う~~ん。。。

なんとか ご両親にも ハリー君にも みんなにいい方法が見つかるといいですね。

ふう。。。

じゅんこ様
悩みます。
でもハリーが戻ってきて辛い思いをさせたく無い、それに限るので家族で猫二匹も含め歩けなくても日常に帰らせてあげれるように良いかたちを見つけようと思うよ。
ありがとう!

ごめんなさい。

りんご様
折角応援して頂いてハリーも元気になったのに
こんな切ない事でうじうじしているなんて、、、。
ハリーにバレている気がします。
悲しい思いはさせたく無いので前向きにならなくては、、、ですよね。
情けない私でごめんなさい。
そしてありがとうございます!!

mabokeiko

ハリー・黒ラブ。2002年生まれ♂ シニアになっても食べるの大好き!
歩けなくなっても聞こえなくなっても頑張ってます。

2009年1月生まれのロッシー(男子猫)新しい家族に!
2009年9月生まれのララ(女子猫)もやってきた!