mabokeiko

mabokeiko

毎日目に見えるように
ハリーが年老いていく。
そんなハリーを愛おしく思い
元気だった頃のハリーを思い出し寂しくもなり。

家族と相談。
ハリーのパビーの頃に買ったゲージ、部屋に置いていた小屋、つい最近までハリーのベッドに使っていた台を処分する事に。
いつもハリーを預けている訓練所が引き取ってくれる話になった。

ハリーがこの先居なくなる事は考えたくないけれどでも、そんな現実がやってきてから思い出の品々を出すのは辛いなるのが目に見えている。だったら、、今だよね。と話しがまとまった。

今日のハリーは目も耳も鈍く
沢山話しかけて沢山触って近くにいた私。

でも


「すいか」の一言は聞こえたみたいで、、、
なんでかな~(^◇^;)
スポンサーサイト
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply