mabokeiko

mabokeiko

ハリーの心配ごと。
足が弱くなった事はそんなに気にしてない。
大丈夫、大丈夫!

最近寝ていて漏らす事が多くなった。

大量に漏らすのではなく
ちょろっと漏れる感じ。

見ていてもポタポタっと。

寝ている時だけ。

だから寝る前と
お昼ぐらいと散歩以外でオシッコをさせに外に。
家でするしつけをしなかったから
外でしかしない。

オシッコ~オシッコ~♪( ´θ`)ノ
と楽しげに外に出るようにしている私。

私のベッドで寝ていることが多いので
防水のカバーをしているが
たまにホリホリして
寝床をつくってカバーを外して寝てしまうハリー。

私は全く気にしないけれど
母親がそれを凄く嫌がる。
今日も喧嘩!
私はハリーがこのベッドに登れなくなるのもそんな先の話ではないと思うので自由にしてあげたい。

母親はそのベッドに登れなくなることが可哀想だと言う。だからこそ、登れる今乗ってはいけない事を教えるべき。

う~ん、そうなんだよな。
それにこのベッド、結構高い。
降りるのも足に良くない。
わかっているんだけれど・・・。



乗ってはダメ!と教えた直後に
ララがどーんと寝てるし。
ララ空気読んでっ(; ̄O ̄)



ハリーには私のクッションをかしてあげた。大事な友から昔もらった犬クッション。
ハリーのお気に入り。

多分今夜も夜中に乗せて!と
私の枕元に顔を乗せるだろう。
どうやって断ろう・・。



ララもハリーも
私の気持ちを察しておくれ~(T ^ T)
スポンサーサイト
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply