祈り、の続き。

未分類
03 /31 2011
夜遅く、ポポちゃんのご主人から連絡があった。

名前を聞かれた事を忘れていた。

すぐ近所のクリニックが休みだったのでちょっと先のクリニックで診てもらったそう。

今夜もつかどうか。。。。

首を絞められた事が100%の原因ではない。

それが原因だと目が充血しているから。

ポポちゃんは心臓が弱い。

首が絞めつけられた事で暴れ興奮し心臓に負担がかかってしまった。


 

15歳という高齢のため目も見えていないという。

でも確かに私と目が合った。 

「助けてくれてありがとう。 薬も飲んで今家で寝ています。 でも息が細くて・・・。
 
 今朝は元気に散歩できたのに・・・。

 今日はずっと一緒に寝ようと思います。」

と聞いてその電話をきった。


これからも、通勤の行きも帰りも通る家。

明日も。

明後日も。



家から帰ってきた私の様子が変だったとハリーは気付いていたようで。

マスクの上から何度も舐めて、舐めて。

私のテンションがそれでも上がらなかったのが気になって、気になって。

私の顔を覗き込むハリー。

あ、そうそう!

ご飯の時間だよね~と慌ててテンションをアゲる。

ご飯前


するとハリーもすぐに「ご飯」モード(笑)

ご飯タイム

ララも便乗して、ご飯のチェック!

でもご飯を食べて落ち着いた頃、

床に座ってぼーっとしていた私に寄ってきた。

癒し

股の間で寝るハリーと横に寄り添うララ。

私って幸せなんだなぁ。

☆※☆※☆※☆

避難所では難しいと言われている家族同然の犬や猫達との暮らし。

辛く悲しい現実の中で癒してくれるのが犬達でもある事を多くの人達に理解してもらえますように。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

mabokeiko

ハリー・黒ラブ。2002年生まれ♂ シニアになっても食べるの大好き!
歩けなくなっても聞こえなくなっても頑張ってます。

2009年1月生まれのロッシー(男子猫)新しい家族に!
2009年9月生まれのララ(女子猫)もやってきた!