ハリー号。

未分類
01 /29 2017
ハリーの寝る数秒前。

ずっと眺めていられる。
久しぶりの膝枕。勿体なくて動けない。
でもその前に背中向けられちゃうんだな。。。
このブログはかなり自分勝手。
ハリーを中心に猫達の事、大好きな海、ウインドサーフィンやSUPの事を綴って行こうと始めた。
不定期で
後から読むと間違いばかり
それでもここまで続けられたのは
「ハリーが今ここに居る」
これに尽きると思う。

そんな自分勝手なブログを
読んで下さる方がいる。
いろんなモノを頂いている。
「りんご組のりんご様」はご自分のブログでハリーが倒れた時、応援してくれた。心が折れそうな私にパワーを。

(写真は退院した次の日のハリー)
そしてそのりんご様のおかげでいろんな方がコメントで勇気を。
又別で「パリとんかーさん様」
コメントではご自分の愛犬を亡くされ、その経験に基づいてアドバイスをそして同じように戸惑った事を教えて下さり自分を責めてしまう私に元気を下さった。
これを出会いと言うのかな。
パリとんかーさんの天使になった愛犬のお名前が
黒ラブの「ハリーちゃん」

(お写真アップの承諾を頂いています)
こちらのハリーと同い年。
 それだけじゃない、お誕生日も1日違い。
もう、今のハリーちゃんに会えないのが残念で仕方がない。
でもハリーちゃんが「ここに居たよ
」と言う証が私の側にある。
パリとんかーさんのハリーちゃんの愛用していたカートを
今こちらのハリーが使えるために
譲って下さった。
いろんな思い出がつまったカートを

(お写真アップの承諾を頂いています)
パリとんかーさんとご主人がハリーの為に、と。
遠い北の地域からハリーちゃんとパリとんかーさんご夫婦の愛がつまったカートが届きました。
大事に大事に使わせて頂きます。

(これはウチのハリー)

(これもウチのハリー)
やっぱりカート名前は「ハリー号」
だよね。
パリとんかーさん様改めてありがとうございました。
ハリーちゃんが居た証が
ここにあります。
ハリーと繋がりました。ハリーちゃんありがとう。

(お写真アップの承諾を頂いています)
スポンサーサイト

オムツ事情。

未分類
01 /21 2017
退院したばかりのハリーは
起き上がることができなかったので
シートを敷き詰めて汚れたら捨てる。
捨てる、捨てる、とゴミも半端無かった。
ゴミ出しの日45ℓ袋パンパン。

犬の介護をしたことがない私は
どうしたら良いのか全くわからず途方にくれていていろんなサイトを調べまくってた。
人間用のオムツ(高齢者用)に穴を開けて尾を通すやり方を見つけ早速使ったが上手くいかなかった。寝ながら付けてあげるのもこちらの手際が悪く取り替えている時に出てきてしまったり。身体が汚れてしまうのが可哀想でならなかった。
ある日ふっと立てるようになり
ある日少し歩けるようになり
今では外で歩けるほど力がついてきた。
外でオシッコをする習慣が出てきてからは
そわそわして教えてくれるように。
私も家族もタイミングが読めるようになったので日中は汚す事がほとんどなくなった。

庭だけでなく
昔の散歩コースの一部まで歩けるようになり

オムツを外してゆっくりと。
ハリーだって私たち人間と一緒、いつも決まった時間にとはいかない時もある。
そのタイミングを見逃さないようにしたいと思ってバッチリ掴めると思わすガッツポーズ。
いつもの出勤前の慌ただしい時間。ずっとうまくいってたのにそのタイミングを私が間違えた。
まだ大丈夫かな?まだ平気そう?と様子を見ながら自分の支度を優先してしまったから。
さあ外に出ようと思っていたらオムツが重い。。。朝起きたての頃はまだしていなかったのに。

私の気の緩み。近くに居ながらタイミング見逃した事に落ち込んだ。
その為のオムツなんだけど。
オムツの中なんだからしても全然構わない。
側にいて自分を優先してしまった事でタイミング外したのが自分的に許せない。
ごめんねごめんねと
沢山謝って許してもらった(つもり)

仕事から帰ってきて真っ先にハリーのオムツを確認するように。
理由はオムツが裏返しで装着されている時があったから。(父が装着)
ズレて単なる腹巻になっていたことがあるから。(母が装着)
ズレているところか付けてない事も。(母が忘れた、と言うより一緒にいる父も気付かなかった)
どれも一回ではなくて…。
でも高齢の両親かその後の掃除で大変、大変と言いながら笑ってくれているのが本当に助かる。
私一人ではハリーがもっと可哀想な事になっていたと思う。
オムツ事情、いろいろあるけど
ハリーが我が家を明るくそして繋げてくれている。
たかがオムツ。
されどオムツ。

眠り王子。

未分類
01 /15 2017
寝て、食べて、

寝て、部屋の中を歩いて、

寝て、お庭ておしっこして
寝て、水飲んで
寝る。
白眼になって寝ているハリー
ドキッとして息しているのか確認してしまう。
先週は何か調子悪いのか
後ろ足も伸びないので部屋の中で歩き回りながら転び、そして立ち上がり又転ぶ。
一生懸命マッサージしたり温めたり。
この数日の寒波。さぞや調子悪いだろうと思っていたら目を開けてる事が多くなってきた。
楽しい週末①
ダメ元でボールを投げるフリして転がしてみたら、、、

写真がブレるほとの動きで加えたり落としたり。
わ~何ヶ月ブリのボール遊び。見えてなくて庭でも木の枝にぶつかったり柱の角にぶつかったりしていたのに。
楽しい週末②
日曜日、寒くて寒くて。
でも太陽が出た瞬間は気持ちが良いのでハリーを外に連れ出してみることに。
このところ調子悪かったので家の庭だけで済ませてた散歩。その時、門の外をチラッと見ていたハリー。外に行きたいけれど行かれないハリーが可哀想で胸が締め付けられていた私。
せめて門の前まで、という気持ちで連れ出してみた…。





ニオイを嗅ぐのに必死で下ばかり見ていたけれど興奮しまくりの絶好調なハリー。
家にかえってきても絶好調。


今度は逆に興奮してなかなか寝てくれなかった。。。
疲れているはずだから寝させたいのに落ち着かなくウロチョロウロチョロ。
ここは無理に横にさせて
 
体をポンポンと優しくたたくとそのウチにスヤスヤ眠り始めたハリー。
赤ちゃんと同じ。
明日も元気でありますように。。。

老いとは。

未分類
01 /08 2017
若かったハリーを思い出すことが少なくなってきた。
もちろん写真を見れば
あぁこんな事、あんな事が出来たな、と振り返る事もある。
でも「今」のハリーが愛おしくて可愛くてにやけてしまう。

台所前が定番の場所。

ご飯食べていると覗きにやってくるハリー。

ご飯待ちきれなくて台所の中まで入ってきたハリー。
前と変わらない行動でも動きはおじいちゃん、Uターンもできないしバックもできない。
その場で尻餅をついて座ってしまう。
動けません、と目で訴えてくる。ものすごく可愛い!

お庭での散歩。
おいで~なんて言葉は聞こえない。
正面に座り込み手を振ったり手をパチパチ叩くとゆっくりと近づいてくる。かなり至近距離まで。その姿も愛おしい!
お正月3日には姉夫婦や甥っ子姪っ子も来て騒がしいのなんの。ハリーはキョロキョロして立ち上がり行ったり来たり。元気なところを張り切って見せているようにも思え切なさと愛おしいさと複雑な、、、

若い時、目のフチにイボができ、それが少しずつ大きくなって気になり病院の先生と相談し切除した。
半年前ぐらいから別の場所、目のフチにイボ。
それが目に触れるものだから目ヤニが良く出るように。2、3年前から頭にイボが2つ。検査して悪いものではないと診断されてのでそのまま。最近お尻にも。
気になるのは口の中。歯茎の上にできた。
歯を磨くのは痛そうなのでそっと周りを拭くぐらいに。でも時々薄く出血する事も。食欲は落ちないのて安心なのだが。
病院に連れて行きたいと母。正直迷っているのは私。病院嫌いなハリー、それだけの事で疲れさせたくない。でも本当にそれだけの事、と言っていいのか。
4日を過ぎた辺りから
寝る時間が更に長くなり疲れ気味なのか後ろ足の調子も今ひとつ。散歩も又庭だけに戻ってしまった。元気なんだけど今ひとつ、、、。

明けました。

未分類
01 /01 2017
2009年の1月から始めたこのブログ
幸せと思える気持ちを書き留めておくために
始めたわけで、、、。
ハリーと迎えた新年。
幸せを感じて太陽の光を浴びる。


mabokeiko

ハリー・黒ラブ。2002年生まれ♂ シニアになっても食べるの大好き!
歩けなくなっても聞こえなくなっても頑張ってます。

2009年1月生まれのロッシー(男子猫)新しい家族に!
2009年9月生まれのララ(女子猫)もやってきた!