オムツと両親。

未分類
08 /12 2017
ハリーのオムツは人間用のを使用。



大量に使うのでコストの問題もあるが
ウンチの事も考えたオムツにすると立ち上がれなくなるのも理由の1つ。
寝たきりなら犬用のものがいいかもしれないけれど自分で歩こうとするハリーの妨げにならないように。



(パンツ型式にハサミで4箇所切り目を入れる)






ウンチは自力で出したい時に出せばいい、と言ってあげたいがずっと傍に居られないのでウンチまみれになるのもわかっている。
決まった時間に出させてあげるようにお尻の穴をクィックィッと。

時々出しきれてなくて食べている時や寝ている時にポロっと言うこともあるが前みたいに踏み潰してひどい状態、、、てことは無くなった。

私が1日家に居られないのと老いた両親の負担を少なくする、これがハリーと私達のストレス軽減になるのなら、と色々試行錯誤してやっと落ち着いた感じ。

でもどんなに頑張ってもオムツの装着が裏返しになっていたりひねりが入っていたり、的を得ず^^;入ってなくてただの腹巻になっていたり、と。これ、お父様なんだけれど^^;
結果マットや床、シーツ、そしてハリーまでオシッコだらけに。
80を越えた老人にやってもらえるのに申し訳ないけれどその後の掃除で両親に余計な仕事を増やして疲れさせたくない、と言うわたしの気持ちもあって

講習会。

ティッシュと縫いぐるみで。
オムツに漏らすのは問題ないわけで…。

お父様さすがです。
すぐコツを掴んで綺麗に巻けるように。
感謝。
そのほかに、たまに粗相をした時床に敷き詰めたコルクマットをササッと外して洗っていると
その間に予備のコルクマットをやはりササッと敷き詰めてくれたり


(ヨーグルトを舐めていて何故?くるりと回ってお皿の上に座ってしまっているハリー^^;)

ご飯に使っている湯がいた大量の鶏肉を細かく裂いてくれたり。

わたし1人では出来ない事を
両親も一緒になって楽しくやってくれている。
家族だから当たり前、なんだけれど、世の中では介護が必要になってくる年齢の両親。
ハリーの世話しながら転んだり腰を痛めてしまうのではないか、と心配もつきない。
両親を何処にも連れて行ってあげられないので
姉夫婦に頼み両親を
温泉に連れ出してもらった。たまにはゆっくりしてもらわないとね。


でハリーと2人っきりで。

おかしいな。タイムスケジュールが決まっているはずなのに
全くスケジュール通りにいかない。
落ち着かない。


トイレに何度も玄関に向かう。➡︎外に出てもオシッコが出ない。
飲んでも食べても満足しない。
そして寝ない。



で寝たら口開けて寝ていたので
えっ?!えっ?!(;゜0゜)と焦って息しているか確認しちゃったり。
全く起きなかったり。



やっと寝たのが夜の9時過ぎ。
いつもだったら夜8時には寝てる。



PM11:30
そろそろオシッコタイムなんだけれど…



AM00:30
全く起きない。それどころか何時間も同じ体勢…。

そしてこの後もぞもぞし始めたので水を飲ませ
外にオシッコをしに。

このあとも寝たり起きたりで

朝四時に起きご飯を食べて



只今熟睡中。

いつもと違う空気を感じてしまったのかも?!

せっかく2人っきりになったのだから、と
ハリーとゆっくりお話をしてみることに。

あの時こうだったねーとか
そう言えばハリーに謝らなくちゃいけないことがあるんだよーとか。
そして…

私1人号泣T^T
何やってんだか(笑)

ハリーは、、、。





この後もぞもぞ立ち上がって水飲みに行っちゃった。
うーーん、聞いてくれていた、と思うことにしよ。

スポンサーサイト

タイムスケジュール。

未分類
08 /07 2017
ハリーのスケジュールは
かなり時間に正確。
2時過ぎ、喉が渇いて起きる。



4時過ぎ、トイレトイレと歩き回る。
4時半、お腹すいた~と興奮気味に歩き回る。
5時前食べ終わって落ち着く頃
いびきをかいて寝る。



ここまでは仕事に行く前の準備。

私が休みの日は…
9時ぐらいに、喉が渇いた~と歩き回る。

飲んで満足。
口の周りに付けたまま放心状態(^.^)


9:30頃、トイレトイレと興奮気味。
そして爆睡。



11:30頃お腹空いた~とすくっと立ち上がり行ったり来たり。
12時頃食べてしばらくしてオシッコ~と玄関口に向かう。

そして寝る(笑)

ひたすら寝る。寝る。寝る。



16時ぐらいに喉が渇いた!と舌をペロペロと出しながら歩き回る。

16:30頃トイレ~と外に出たがり

17時過ぎに空になったお皿を舐めてご飯催促。
17:30頃には食べて



又喉が渇いたと動き回り

寝たくないと行ったり来たり。
横にはなるけれど

まだ寝たくないと行ったり来たり。

塩水をつけたタオルをレンジで温めて首に置くと血行家族は良くなると聞き、、、


これが気持ちが良いらしく大人しく…。
19時前後にトイレ~。

ふと気づくとララがかまって欲しい攻撃ビームを
(^_^;)





寝て、寝て、寝て

23時起こす。
夜中に歩き回るのを止めるために起こすのだが
ここが大変。起きない。
くすぐっても起きない。
鼻先にバナナやリンゴを持って行き目が開くのを待つ。
舐めて飲み込んで又寝る…。
おーーい、起きろーと30分ぐらいうだうだして起こし水を飲ませてやっと自ら外へ向かう。

そして私の就寝時間。

私の家族はハリーのタイムスケジュールに合わせて活動。
ハリーのおかげで規則正しく生活できる。



ハリーのおかげで楽しい毎日だよ。


ハリーの日常。

未分類
07 /31 2017
先日、血縁関係で唯一知っているハリーの伯父さん、ガル君の弟分グーちゃんが14歳で虹の橋を渡りました。グーちゃんは今頃ガル兄さんと一緒に居ますね。グーちゃんお疲れ様でした。時々、いえ、できるだけ多くママさんのところに帰って来てね。もちろんガル兄さんと…。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

ハリーは元気です。
三食のご飯を全部食べきるし、


沢山の睡眠、キチンと排泄。


歩くのに不自由で良く転がってしまうけれど食事の準備をしている時は転がっても倒れても必死に立ち上がろうとするほどの食に対する必死さが伝わります。さすがレトリバー(^^)
元気な時にはあまり気を使わなかったご飯の内容も
今の方がかなり豪華。量より質を意識して栄養を。



早く起きて寝付くのが遅い。夜中3時に起こされる事もしょっ中。
かと思うとひたすら寝まくる時も。大丈夫?と起こしてしまう私。

喉が乾くと行ったり来たり。
ただの水は飲まない、ヨーグルトやリンゴをすって水で薄めたものしか飲まない。なのに時々猫達の水を飲んじゃう。
飲んだと思って寝かせると又立ち上がって足りない足りないと行ったり来たり。
呼んでも聞こえない。手を叩いたり大げさなリアクションをして私の位置を知らせる。



知っている人は「大変でしょう、大事にしているね、ハリーは幸せだね」と言ってくれる。
違うんだな。
大変なんだけど全然辛くない。
むしろ楽しい。






たいへーんと言いながら顔が笑ってる。
聞こえてないと思ってもチラッと私の方を見てくれた喜び。
鼻をブーブー鳴らして寝ている姿。ひっくり返って私の方がを見て助けて、、という顔。


ご飯?ご飯?という顔は昔から変わらなくてとっても可愛い。

今、私は幸せだなぁ、と心から思う。ハリーから幸せをもらってる。



久しぶりに外を歩いた。
階段の昇り降りは危ないので私が抱き上げて地面に。
ほんの数分だけど歩いた。
時々外のニオイも知りたいはずと涼しい時を狙って連れ出した。
何か思い出せたかな、、、。

大事な家族。

未分類
07 /23 2017
私は人見知り。
そのせいかコワイと言われること数十年。。。



そんな私がハリーと散歩しているときに話しかけられる事が度々あって私の人見知りと言う単語は何処へやら。


ハリーと外に出られなくなって
でも一生懸命歩いている老犬を見るとついつい声をかけてしまう。



頑張ってますね!
何歳ですか?

皆笑顔で答えてくれる。
もう、13歳よ。
もう15歳なの。

そして私はかならず
ウチにも15歳になる犬が家に居ます。
頑張ってますよ。
大事な家族ですよね。



そうそう、大事な家族ですよね。

と会話をする。

そう、大事な家族。


大事な家族に早く会いたい。と
家路を急ぐ。



この数週間、後脚にチカラが入らなくなりへたへたと倒れてしまう。

歩くときにはまぁ何とか。
立ち止まるような、、食べる時には数分も保たない。

お風呂の椅子を使用してみたが倒れてしまった時椅子ごと転がるので危ない事がわかった。
、、、でドーナツクッションを重ねシーツで丸め…



なかなか良い感じ。



そして今日もララと…





安心しちゃうなぁ。。。

そして珍しい3ショット⭐︎



大事な家族。




猛暑。

未分類
07 /17 2017
湿度がハンパ無い。
冷房が無かったらハリーは、いや人間だって
生きていられない。

あまりの暑さで外に出せないので大好きな公園も連れて行かれない。

家と庭。行動範囲が小さくて気分転換させてあげられないのがもどかしい。

二泊三日の出張から戻ってきた私。


出張で家を出る前。





2、3日前と変わらない食欲と目力。
でも後脚に力が入らず補助無しで立てなくなったのは突然。

立てないので寝ながら食事。

何で家を空けるこのタイミングに(ノ_<)

私が居ない間、両親がハリーのお世話。
大変だったと思う。大変だったそう。
そうだよなぁ80過ぎの老人だもの。

この状況で両親になにかあったら、ハリーはどうなっちゃうんだろう。世の中の人は愛犬の最期をどう過ごすのだろう。
ただ、ただ苦しまず、寂しく無いよう近くに居てあげたい、そう願う事が難しい事なのだろうか。

出張する日の朝。




私が居ない間、ハリーのマッサージの先生を呼んだそう。後脚がガチガチに硬くなって居て腰から後ろの血行も悪くなっていたそう。

歩きたい、と立ち上がろうとするハリーを尊重したくしばらく短い間隔でマッサージをしてもらうことに。





側にはララ。


仲が良いわけではないのに
いつもこの距離で居るララ。
どういう意味があるのかな。
私たち人間にはわからない何か、、、、、、。





長い時間は無理だけど少し、いや、ちょっと後脚に力が入るように。



昨日寝かしたままでボールを軽くポンとハリーの目の前で転がしてみた。
ほんのちょっとだけど目と耳に力が入ったのがわかった。転がした先のボールは見えないらしい。

目の前でポンと投げたボールをチラッと見た。

それだけでも嬉しかった。

ハリーの大好きなボール。
少し思い出してくれただろうか。


ハリー熟睡の巻。。。













mabokeiko

ハリー・黒ラブ。2002年生まれ♂ シニアになっても食べるの大好き!
歩けなくなっても聞こえなくなっても頑張ってます。

2009年1月生まれのロッシー(男子猫)新しい家族に!
2009年9月生まれのララ(女子猫)もやってきた!