上を向いて。

未分類
09 /19 2017

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
先週のハリー。
台風やら気温が上がったり下がったりやらで
だるそうな1週間。
ひたすら寝ている。
食欲は変わらず
水は沢山飲む。
オシッコは3回に1回は膀胱を圧迫しないと出せない時もある。
排便は指を入れないと出せない。最近は2、3回指を入れても踏ん張れないので時間がかかるように。ハリーにしてはウンチが柔らかめ。水の量か?
マッサージの先生に来てもらった。
歩けない割に徘徊か多い。
呼吸が荒くなるので避けたいところ。
寝ている時、横になっている時以外は息が荒くなる過呼吸にならないのか心配。


*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*




気がつくといつも下を向いている私。

目が悪いせいもあるけれど

仕事から帰ってきて部屋に入り着替え雨戸を閉めようとした時に見えた風景。



虹が消えそうな瞬間だった。



ため息。。。
上を向かないと見えないモノが沢山あるのよね。

ハリーと外に散歩に行かなくなったからハリーと共有できる景色が無くなって目の前にある物に意識が向かわなくなってた。

たまには上を向かなくちゃ。
素敵なモノを見逃しちゃう。

ここ最近悩んでいた身体の痺れの原因が頚椎椎間板ヘルニアと診断された。
病院を紹介されたけれど私が休めない曜日のみの受付。

いろいろ検索してこの場をしのぐ。

できるだけ上を見るよう意識しよう。

こうやって書くと下には何もない、と決めつけてしまいそうだが悪いことばかりではないんだな。



下を向いていると近所の猫ちゃんに会える^ ^




で、下にはハリーが寝ているし🎵


人間が年老いて腰が曲がって下を向くのと同じなのか。

立ち上がると下を向いてしまう。





でもたまーーーに上を向いてくれる時も^ ^



ハリーが上を向くのは寝ていてご飯が食べたい時
。あと食べている時。


それが最近、

寝ている時、背中を反って上を向いている事が多くなった。





いちゃいちゃタイム。





私の太い脚の上に顎を乗せてくれたハリー。

ララ嫉妬の視線(笑)



すぐに私の足の太さが合わなくなって苦しくなったのかずり落ちたヽ(;▽;)ノ






夢見ている時なのか後ろ脚をバタンバタンと動かすことはよくあるけれど
お手もお代わりもちょーだいちょーだいの催促もしなくなった前脚。
寝ている時にふわっふわっと浮かせて動かしていた。

起きている時にはない動作。
起きている時には感情を見せなくなったハリー。


寝ている時は自由なんだね。
いっぱい思い出しているのかな。

スポンサーサイト

もう1つのお誕生日。

未分類
09 /09 2017
今日9月9日で1歳になりました。



[月曜朝私が仕事に行ってきますの時のハリー]

老介護犬の1歳。



[同じく月曜の朝のハリー]

昨年の9/9に呼吸がおかしくなり意識があるのか無いのか。



[火曜日朝のハリー]
声をかけても
大好きなリンゴをあげても反応せず。
病院に連れて行って
今日もう、ダメかもしれない。
と言われた日。



[木曜日の朝ハリー]

でも復活したハリー。







[金曜日の朝のハリー…ぐっすりで怖かった、、、。]

私達家族も初めての介護でいっぱいいっぱいでポロポロになり。

でも楽しく介護を、が目標で。


[食べたのに、足りないと訴えるハリー]



[足りないから何かちょうだい、のハリー]





[見えなくても見ようとするハリー]


決して私達の限界をハリーに感じさせないように。

老いは止まらないけれど

そこに、
ここに居てくれる。




それだけでいい。


反省。

未分類
09 /03 2017
もう、ネガテイブなこの性格。治りはしないけれどこれではいかん、と仕切り直し。
ハリーとのこれからの事を考えすぎて暗くなるばかりの私。今ここに居てくれる幸せを大事にしなくてはいけないのに。



シビアだけれどハリーがこの先昔のハリーに戻るわけではないし、若返るわけでもない。
どれぐらい一緒に居られるかわからないけれど笑顔でハリーに接したい。
と思った週。私遅い…。


息が荒いのでできるだけ興奮させないように。
外でオシッコやウンチをしたがるハリーにまかせ私は補助するのみ。
その数分のことだけでも息が荒くなる。相当な運動量なんだろうな。
できるだけ負担を減らしてあげたいので部屋に急いで入る。
その間聞こえていないかもしれないけれど褒めたり声かけたり。



[ヨーグルトを必死に舐めるハリー]

目があまり見えてない事もわかっていながら見つめてくるハリーにブンブン手を振ったり大袈裟に身振り手振り。
他人が見たら結構笑えると思う…。




今週グッと気温が下がった日があり外でいつものように排泄を終わらせ家に入る瞬間、あれ?息が荒くない…? よし、今だ!!と抱き上げ門の外へ。

ヨボヨボだけど嬉しそうに数メートル歩いてくれた。それはそれは嬉しそうに。

残念なのが私が出勤前だったので時間に限りがありゆっくりできなかったこと。もう少し歩かせてあげたかったなぁ。
あと私が起きたてでパジャマ。。。もちろんノーメイクの頭ボサボサ…。これからは準備してからにしよう。。。

涼しい&ハリーの息が荒くない
その日がすぐにやってきたので
えいやーと持ち上げ門の外へ。






途中立ち止まるも私の顔を見上げてくれた。「嬉しい」を伝えてくれたのかな。





普段外で排泄する時は補助しているので写真なんか撮る余裕無し。
でも久しぶりの公の外のハリー、ゆっくりと歩いているハリーをどうしても写真におさめたくて…。

家の中でも補助する私が撮れる写真は寝姿ばかり…。


どれも可愛くて写真撮った後抱きしめちゃう。




(((o(*゚▽゚*)o)))



又々貰っちゃいました。鉛筆画を頂いた職場の方から…。
ハリーが描かれたポーチ。
もったいなくて使えない。


今ビニールで包まれて汚れないように保護中。

ハリー頑張ってる。


私も頑張る!

夏の終わりに思う事。

未分類
08 /28 2017
夏が終わる。
遅れてきた夏の暑さにバテバテになりながら早朝、夜には秋を感じる風が、、、。こういう事に気づく私も老けたなぁ。


夏の始めは5月のホームゲレンデの海の花火。
夏の終わりは地元の花火。
地元の花火には願い事を。
「家族が幸せに暮らせる人生でありますように。悔いのない人生でありますように。」

生きている限り終わりは必ずやってくる事は避けられない。でも別れに涙しながらも笑顔で振り返る事ができるなら…。

8月は普段休みの取れない職場なのでたっぷり休みをもらい出勤の日もゆっくりと準備できたので
朝のハリーとゆっくり付き合うことができた。



ハリーのリズムに合わせて外のオシッコに向かう時自力で歩いて行くのだかその時に心なしかお尻フリフリに。一日の中でこの時間だけ見られるちょっとしたハリーの喜び。
嬉しい。とっても嬉しい!



体を支えるのはもちろんだが自力で動ける時には手を出さないように。転びそうになる時にさっと助けてあげる。



お尻小ちゃくなっちゃったなー。




おいでー!!!と大声だしたら向かって来た様子。


ご飯の時もできるだけ寝かせず起きた状態で食べさせてあげる。


ハリーとロッシー。
珍しい組み合わせ。




ハリーとララ。
定番。
私のしていることが良いのかわからない。最近はネットを検索すれば色々経験者の動画もある。
でも環境が同じというのはまず無いと思う。老犬と老いた両親、日中働く私、猫2匹の同居。家の作りなどなど。
不安な事が多い。これでいいのか?もっと家族にとってハリーにとっても、もっと楽で効率的な方法は無いものか。
家にいない間の両親の負担が気になる。
私ができた事ができなくてハリーが可哀想とか。



寝ている写真ばかり(^^;;
立ち上がる時には写す余裕ない…。

この間その負担がちょっとだけ楽になった出来事が。

猫ララのお腹にシコリを見つけ慌てて遠くの掛かりつけの病院へ連れて行った時に偶然に訓練所の先生にばったり。
ハリーを預ける事も無くなったので久しぶりの再会。
その時にちょっとお話をさせてもらった。やっている事は間違いではない。いいです!とってもいいですよ!ハリーにとってそれがいい!と言ってもらえた。
安心。
ほんの少し楽に。

後は私が居ない時のことだな…。

ララ、、シコリは脂肪の固まりだった。やや太り気味(^^;;
でも良かった~。




朝日を浴びるララ。

ハリーに付きっ切りだから可哀想な事をした、とかなり落ち込んだけれど。。。これからも2つの目で沢山見回さなければ。




最近立ち上がる度に頭を床や壁に擦り付ける?のでイボ出血復活(><)



先日、職場の方から素敵なモノを頂いた。



ハリーの鉛筆画。



一年半前ぐらいの写真かな。

涙。。。

大事にします。宝物。


ハリーと私の宝物。

ハリーの今。

未分類
08 /20 2017
体力勝負。
暑い夏は何処へ。
暑い日もあるし、涼しい日もある。湿度は高め。
この温度差が体には良くない。

ハリーもだけど私も。



お盆始まるぐらいまでは絶好調だったけれど
あら?肩が痛い?50肩?
背中が痛い?…
まずい!腕を伸ばすと背中激痛。
ハリーを持ち上げる度に冷や汗。
どうしよう。
まず思った事、
「ハリーに痛いことバレたくない。」


[お腹空いて台所前で待機(^^;;]
元気な頃から訓練士の先生に
「ハリー君は優しいから気を使うところがある」と言われていた。
まずい。これを気にしてハリーに異変があったら…。





[これも台所前。]



その後も低血圧と極度の貧血と吐き気、胃痛などあらゆる不調が続きながらも「限界」と言うワードだけは出すものかと踏ん張りこらえてハリーの前では陽気に振る舞い何とか週末は元気に。
いつからこんな事が出来るように(^^;;以前の私ならいつまでもダラダラ寝込んで復活まで相当時間がかかったのに。
…ハリーへの愛だな(((o(*゚▽゚*)o)))

ハリーはと言うと…
食欲落ちず。暑かろうが涼しかろうがしっかりお腹空く頃に1日3食しっかり。素晴らしい。



[食べているものが中央から端に広がっていくのでそれを中央に搔き集めて食べやすくする作業…これをやると早く食べ終わるのでハリーも同じ姿勢を長くしなくて済むので楽かな、と。]



でも老いは止まらない。
目も耳も。脚も。
しっかりしていた前脚の踏ん張りも弱くなってきた。
食べている時も前脚で踏ん張るが最近はその力が弱くなり開いていってしまう。


寝る時間が更に長くなってきた。






この間ゴロンと転がった時目を見たら目が左右に揺れていて私がパニックに。
数秒で治ったけれどその夜は小刻みに息を吐く時痙攣もしていた。


夜も電気をつけたまま寝るように。飲み物のお皿まで距離が掴めず舌だけペロペロしているかと思うと小さな仕切りを「よいしょ」とまたぐ。
オシッコしたくなると自力で立ち上がる。




私が今してあげられる事は何だろう。
側にずっと居たくても仕事に行かねばならない。撫でてあげられるけどどうして欲しいのかをわかってあげられない。
ちょっと私、マイナス思考気味。ここから脱出しないとね。



ハリーは今、何を感じ、何を思っているのだろう。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'*:.。. .。.:*・゜゚・*
Facebook、、、時々現れる「過去の思い出」

自分で投稿しているのにドキッとする。

5年前の今日


6年前の今日


ハリー、カッコイイなー☆

大事な思い出。宝物。

mabokeiko

ハリー・黒ラブ。2002年生まれ♂ シニアになっても食べるの大好き!
歩けなくなっても聞こえなくなっても頑張ってます。

2009年1月生まれのロッシー(男子猫)新しい家族に!
2009年9月生まれのララ(女子猫)もやってきた!